ウッドデッキの定番、着色防腐剤のキシラデコール

2017年1月10日

木材専用の塗料、キシラデコール
今日はこの塗料の紹介をします。名前は「キシラデコール」といいます。
塗料は、一般に大きく二つに分かれています。
まずいわゆる「ペンキ」と呼ばれるもので、塗ると塗膜(塗装膜、塗装の膜)が作られます。
もう一つがこの「キシラデコール」のように、素材に吸収させる塗料です。塗るのはペンキと同じですが、被膜を作りません。木材専用に用いられます。
普通の塗料を塗ると塗膜ができますが、これはスーッと木材の中に染み込んでいくので、着色塗料といわれています。
「キシラデコール」には防腐剤(腐らない成分)も入っていますので、一般に“着色防腐剤”と呼ばれています。

このような、お家のベランダによくあるウッドデッキを見るとよく分かります。

cimg3529
色は付いていますが塗膜がなく、木目調になっていますね。素材の木目が出ているというのは塗装による被膜がないということです。ではどうやって色を付けるの?というと、この「キシラデコール」などの着色塗料を、吸収させて塗るわけです。

cimg6428
こんな感じです。塗っても表面に被膜は作られていません。塗料が吸収され、色が付いています。こういう塗料を着色塗料といいます。この「キシラデコール」は、着色塗料の中でもとくに着色防腐剤といっています。
(↑これは自撮りです。職人さんが、ちょっと工程を説明するのに、自分で塗りながら、自分で撮っているという、すごい絵なんですけれども……)

 

dsc_0624

%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc2
さて塗装の工程ですが、まずこういった古い汚れたあかとか、ほこりとか、塗膜を取り除きます。塗膜が残っている木材の場合は、オービタルサンダーという機械を使います。サンドペーパーを付けてスイッチを入れると、ガーッと上下に自動で動いて、木材を研磨してくれます。そうすると素地つまり下地が出て、塗るための準備ができるというわけです。

 

cimg1620
下地の準備ができたところにこの「キシラデコール」を塗っていきます。そうすると、きれいな色が吸収されて、木材が着色され、木目調の塗装が出来上がります。
今塗っているのは、ピニーという色です。色は10数色ほどあります。グレー、ブルーグレー、オリーブ、マホガニー、エポニとか。けれども年数が経っている木材などは、結構アクが出て、黒くなっているものもあります。

EPSON DSC picture

例えば、これは、たぶん築30年くらい経っている破風の部分に塗っているところです。
このような古い所に塗ると、黒くなってしまうだけです。例えば、グレーとか、ピニーといった色は出にくいんです。ですからその辺を気をつけて色を選ばなくてはなりません。例えばお客さんに、こんな色を出したいんですけど、と言われても、アクが出ている場合は、本当に黒くなってしまいます。それを了解いただいて、塗装をしています。それから「キシラデコール」は、臭いが結構します。防腐剤の鼻にツンとした臭いがちょっとするので、屋外専用になっています。
ウッドデッキの他には、例えばこのような白木の玄関、純和風のお宅の玄関が……

EPSON DSC picture

表面を磨いて塗装する工程を経て、こんなふうに生まれ変わったりします。

EPSON DSC picture

前の破風の部分です。これが一回目の塗り、

EPSON DSC picture

これが二回の様子ですが、本当に黒くなっています。これは決して黒い塗料を塗っているわけではなくて、もうちょっと茶系の色を塗っています。

 

EPSON DSC picture

EPSON DSC picture

ところが元が年数が経っているため、黒くなってしまうわけです。

この玄関にキシラデコールを塗る場合は、“アク洗い”という、アクを抜く作業をするんです。

EPSON DSC picture
例えば、アクを抜く時には「アクロン」という薬品を使います。
アクロンA・Bといって、MIYAKIというメーカーさんから出している薬品です。このAとBを混ぜ合わせて塗ると、アクが出てくるんです。

薬品なので手で触ってはいけません。ゴム手袋をして作業をしています。

EPSON DSC picture

これがアクです。アクロンを塗ると見て分かるとおり、白いオキシドールみたいな感じで中からアクが出てきます。白い泡になって。
それを布で拭いていくんです。すると黒いアクがすごい取れるんです!

EPSON DSC picture

これもアク洗いしている最中ですね。こうしてアクを抜いていきます。

EPSON DSC picture

アクロンでアク洗いした後には、シミ抜きをします。これが確か、レブライト。(もう10何年前に、作業した動画なので私もうろ覚えなんですけども。)これももちろん医薬品です。これでシミを抜きます。シミを抜いて、さらにその後漂白をするんです。
その漂白をするのが「ノーベル」という塗料です。これも、ノーベルAとBがあって、両方混ぜ合わせます。それを使ってきれいに漂白していきます。
シミを抜いて漂白してから「キシラデコール」で色を付けていくんです。こうして古い白木が、きれいに生まれ変わります。

EPSON DSC picture

他の箇所では、このように白い格子状のものが、シミ抜き・漂白をして「キシラデコール」を塗ると……

anzai-tei-6

 

このようにきれいに着色したものになります。

EPSON DSC picture

ですから和風の家とか、木目調を出して、自然な雰囲気に仕上げたい場合には、有効な塗料だと思います。
柱の場合は、このような白い柱が、

EPSON DSC picture

 

このように生まれ変わります。

EPSON DSC picture
これは着色までですが、この上からクリヤー、ニスなど塗ることもできます。

これは他県の別荘で塗らせてもらったものです。
塗装前がこんな感じです。すごい日が当たっており、木が枯れて、ものすごく劣化していました。これは、アク抜きはしていません。「キシラデコール」を塗ってから、その上にクリヤー塗料を塗りました。

EPSON DSC picture

 

結果はこのように。

cimg4534

EPSON DSC picture

cimg4530
ちなみに当時はこんな足場で作業をしていました。この高さがめちゃくちゃで、ここら辺に、もう一段くるんでしょうけども、単管で、自分達で足場を組んでいたので、2段分を1段で済ましていましたが、仕事はキッチリやらせていただきました。

 

EPSON DSC picture

こういったキシラデコールを塗ったあとに、クリヤー塗装、水仕上げ、という方法もできます。

 

このニスの塗料として、外部の木部に使用する時は、ファインウレタンという塗料が結構ポピュラーだと思います。このファインウレタン自体はいい塗料で、業者さんの間では有名です。これはクリヤータイプの物です。

 

cimg3437
容器に呼吸形弾性、と表示があります。

木部というのは、呼吸をしています。湿度を吐いたり、吸ったりしているんですけど、クリヤー塗料を塗ると、湿度を吐いたり吸ったりしている段階で、例えば吐くと、膨れてしまったりするんです。ニスがバリバリになったりするので、それを避けるために、呼吸形弾性というものがあります。弾性というのはひび割れに強いということです。

このときは、クリヤー塗料を塗りました。
キシラデコールはもちろん2回塗ったんですけれど、これはクリヤーを5回くらい塗りました。木が塗料を吸って吸って、クリヤーにツヤが出なかったんです。だから結局7回か8回もの工程を経ているんです。下地調整抜きで。このときは本当に大変でした。

今日は「キシラデコール」という塗料をご紹介しました。さらにクリヤー塗装といったやり方もあります。事例の別荘のような木の家は、別荘地などに行かないと今は少なくなりました。ただウッドデッキはまだまだ自分で塗る場面も多いと思います。たぶん素人でも自分でやろうと思う方もいるでしょう。そんな時「キシラデコール」は、すごいいい塗料なので、ぜひ使ってみてください。
ちなみに「キシラデコール」は、かなり沈殿します。多分この色の成分だと思いますが、中で分離しちゃうんです。そのため使う前には、ものすごくよくかき混ぜるか、缶を振らないといい色が出ません。結構長く在庫で置いてしまってから使うと、よーく振ったつもりでも、実はまだ沈殿していて混ざっていなかった、なんていうこともよくあります。お店で買う時も、しばらく店頭に置いていることもあるので、使う前はよく撹拌して使ってください。
さらに、キシラデコールやすらぎという種類もあります。これはUVカット、白木用洗剤の塗料です。

p1020910

 

もっといろいろな種類があります。これはヤニ止めシーラです。

cimg6121

もし素人さんが塗るのでしたら、「キシラデコール」がいいと思います。大きな18リットル缶だけじゃなくて、16リットル缶や、小さい缶でも4リッター缶というのもあります。色も、オスモカラーとか、種類もたくさんありますし、自然に優しい塗料なんていうものも出ています。
ウッドデッキは、結構腐りやすいので、着色防腐剤がいいと思います。2回か3回塗れば、OKではないかなと思います。

あけましておめでとうございます

2017年1月1日

あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年は昨年以上に皆様により良い情報を提供できますよう
誠心誠意努力する所存でございます。
本年もご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成二十九年一月一日

一般社団法人 外壁塗装協会

雑な外壁塗装はしたくない一級塗装技能士の悩み。

2016年11月29日

一級塗装技能士の資格は持っている。

下請けとして原価割れするような安い金額で元請けから仕事を受けて、雑な仕事はしたくない・・・。

こういう職人さんの悩み。

きっとたくさんの職人さんがそう思っていることでしょう。

さてその先はというと、自分で集客するなどして独立するしか方法がありません。

ホームページも見栄えのあるものにして、検索上位の対策もして営業もする。

結果芳しくなければ、最後は下請け脱却をアドバイスしてくれるコンサルティングが販売するノウハウにすがっていく。

コンサルもあの手この手で教材を売るのが必至で工事品質の技術は基本専門外。

一級塗装技能士たるもの、お客さんの信頼を勝ち取りながら経営もうまく行かせるのが一番。

そういった悩みの回答をさせて頂きました。

 


 

2年後に塗装で独立を考えています。
一級塗装技能士を取得しています。
下請けは嫌なので、元請けで考えてます。
今から、集客の勉強をしています。
今の会社で集客や契約は出来てますが、
会社の知名度や信頼あっての集客や契約だと思います。(自分で開拓したもの)
自分一人がHPを開き、チラシのキャッチコピーを目の引くもので、SEO対策などしても集客は恐らく苦戦すると思います。
ましてや営業をして職人も大変だと思っています。しかし下請けで安い金額で原価割れした雑な仕事はしたくないです。
一人で集客、営業、施工は厳しいのでしょうか?1ヶ月1件出来れば給料は50万程度でる計算です。
実際にやってる人はいますでしょうか?
ちなみに営業は出来ます。

 


 

 

もう10年以上前ですが、私はひとりで数年間やっていました。

施工については、塗装だけでなく足場も掛けていたため、私自身と手元の職人2人と合わせ3人で作業していましたが、集客と営業は私ひとりでした。

しかも外壁塗装では激戦区の横浜市です。

 

チラシ、訪問営業、ガイドブック、地域新聞の掲載・・現場と営業の両立でやっていました。

今でこそ外壁塗装のガイドブック的なものが流行っていますが、当時はやっている業者はほぼなく昼間は現場で時間がないので徹夜で書いたりもしました。

私の時は子供が出来たりして、家族を養わなければいけないという背景があったからこそ頑張れたのだと思いますが、おなじようにやる気を起こさせる原動力として何かあればいいですね。
あとは足場屋さんだけ頼めばよろしいんではないんでしょうか?
ちょっと壁があるのは、やっぱり集客面ですね・・

ここはちょっと骨が折れそうです。

 

コミニュケーションや営業面において優れる人たちが、幅広く集客しているので、そこに割り込んで入っての集客は簡単にはできないと思います。

知っての通り今はどこもかしこを見ても「職人創業の塗装店」が少ないですね。
そもそも営業も集客もできる塗装業者さんであれば、今回のような質問が来たりしないでしょうし。
でも実際は知識を持ちあわすだけで、現場は実はよく知らないという人が塗装業をやっていたりというのがほとんどですよね?
仕事の理念というかそういうものも感じらない、資格も必要なく簡単に稼げるのでやっているという雰囲気の会社がとても多いように思えます。

 

でも塗装業をしらない一般のお客さんは、そういう業者でも「外壁塗装の専門家」というように勘違いするのです。

そのために工事は2の次でも集客はとても巧妙で、ホームページ作りやSEOも半端な気持ではやってないのがよくうかがい知れます。

今始まったことではありませんが、実は質問者さんのような、職人創業の業者さんはとてもこういうのが苦手です。

現場は得意な反面、ホームページもそうですがネットでの情報開示や自分をアピールする能力にとても欠けています。

生粋の職人というのはいいのですが、今の時代それがあだとなって、集客という面においては、自分たちを窮地に追い込んでしまっている状況です。

 

現在の状況のように集客が得意な業者さんにお客さんをとられて、挙句の果てにとても過酷な条件で下請けの仕事をせざる得ない職人さんがほとんどではないでしょうか。

それでは、せっかく一級塗装技能士という国家資格を持っていても、あたかも元請けの会社が資格を持っているような感じで、ホームページ上に明記されて利用されるだけです。

昔は人伝いの口コミや紹介という方法で、仕事確保ができたのかも知れませんが、今は違います。

 

私の知り合いで、父親の後を継いだ2代目の業者さんがいます。

父親の時代からなので、10年ひとまわりや20年ふた周りして、以前施工したお客さんから塗装の依頼が来ます。

でもお客さん側も時がたって父親から息子に代替わりすると、今までは父親が決めていた塗装業者ではなく、ネットで業者を決めるようになって仕事依頼が無くなってきたという話を結構頻繁に聞きます。

いくら過去に良い仕事をしたとしても、息子さんにすれば、それが特段とも思えず、どこの業者に頼んでもそれが普通と思われてしまうのでしょう。

何十年も現場仕事にこだわってきたのに、営業能力がないがために逆にそれが裏目に出てしまうなんて、こんな酷なことはないですよね。

 

でも集客に優れた業者さんは、保証面、価格面、実績など、誇張なのか本当かうそに関わらず、お客さんが魅力と思えるアピールをバンバンしています。

見積書も詳しく調査診断書もカラーで豪華です。

DVDで報告するなんていうところがあるぐらいです。

 

技術面にしてもそうです。
本当の職人にすればいい仕事をするのが先で、塗料の良さは後から付いてくる的な考えがありますが、今の業者さんは最新や高級な塗料の種類ばかりを前面に出してきます。

おかげでお客さん側も、塗料の品質ばかりにこだわってしまったりします。

まるで良い塗料を使えば、それだけで長持ちするんだというように。

 

そういうように、たとえうそでも本当に思えさせるところが、いい悪いは別にして集客力と営業力においての腕のすごさだと思います。
これからは職人創業の塗装屋さんも、こういうところを見なわなければ、生きていけません。

お客さんにとっても本来は頼んでもいいはずの業者なのに、その存在すら知られることがないというのは、お客さん側にとっても多大な損失です。
いずれにしても今はお客さんが本当に望む業者、業者にしてみればお客さんに望まれてもいい業者とのすれ違いというのが、塗装業界の構図です。

 

さらに外壁塗装の紹介サイトとなるものも出てきています。

それが目に触れるようになったのも、本当に望む側と望まれる側のマッチングができていない証拠です。

でも厳選業者紹介と言いながらも実態は違います。

 

職人創業という証明は、「代表者=一級塗装技能士」で証明できます。

 

実際には一級塗装技能士だけが職人創業ではなく、「現場で仕事しているけれど、ただ資格を持っていないだけ」という業者さんもいます。

でもお客さんに訴えかけるのであれば、国家資格が一番確実で証拠にもなります。

 

家の塗装にはほぼ関係がない「施工管理技士」や「一級建築士」と、あるいは民間資格でアピールしているところもあるので、その辺の違いを出すことも重要です。
あと給料についていえば、月1件だけでは正直無理です。

 

足場代、塗料、材料道具などの現場にかかる直接経費だけでなく、工事損害保険、車の保険、労災、今では職人さんも社会保険に加入せざる得なくなってきているので、それを考えると到底無理です。

手元の職人の人件費や倉庫の賃借料、産廃や廃シンナー代、ガソリン代というように、人工や給料でやっているうちはわかりにくいですが、独立してみると、きりがないほど経費がかかってくるのがよくわかってきます。

 

初期投資としては、車も道具も一から考えなくてはなりません。

やる気を削げさせるかも知れませんが、準備としては必ず知っておかなければならないことです。
塗装は簡単に稼げると考えがちです。

下請けに滅茶苦茶安い値段で丸投げして利ザヤだけを抜くような業者にすればそうなるでしょう。

 

でも独立すれば格安では受けられないということがわかってくるので、契約を優先するのか仕事の質を優先するのかという狭間で悩む時が必ずきます。
なので集客は自分の仕事をわかってくれるお客さんをいかに探すにかかってきます。

 

お客さんには悪いですが、格安の塗装を探しているお客さんを当てにしてしまうと自分がつぶれてしまいます。
2年後にはまだ十分な時間があります。

今から真剣のようですし、勉強もしているということなのできっとできると思います。

引用元ヤフー知恵袋